イベント時のDVD制作の費用についてお教えします

DVD制作で完成するまでには様々なコストがかかります。最初はカメラを使った撮影作業から行われます。撮影時間の長さや、撮影の規模などによってスタッフの数の増減があることからもコストとしてかかる費用が変わってきます。短時間で終わる小規模のイベント会場での撮影であれば撮影スタッフは一人か、少人数で済みます。そのため比較的コストはかからない撮影となります。一方、大規模会場の長時間の撮影となると撮影スタッフだけでも数人から数十人体制での作業となる事もあり、コスト高となります。音声スタッフや照明スタッフも連携しての作業となるため、その会場によって作業分担を行い撮影を行います。撮影後はスタジオで映像の編集作業にコストが発生し、最後にはDVDメディアのプレス工程においてコストが発生します。完成までに大きく分けて撮影、編集、プレスと3つのコストが発生します。

充実したDVD内容にするためには

最近ではアマチュア向け映像編集機材は安い費用で販売が進んでいる影響からも、個人単位でもホームビデオカメラで撮影した映像を編集せずにそのままDVD化する事もできます。しかしこの方法で実際にDVDを作成してみるとわかりますが、全体的に退屈な動画となってしまう事も少なくありません。このように、一般向けの機材で動画を編集するとコストはほとんどかかりませんが、全体的な仕上がりのクオリティーに関してもそれなりの品質のものとなってしまいます。一方、プロの作業においてはテレビ番組のような仕上がりイメージとも言えるでしょう。専門の編集作業を行なうスタッフが退屈しないよう、要点を押えて編集作業を行いながら、丁寧に動画編集を行うため見応えのある内容にする事ができるのです。プロカメラマンによる撮影のため映像のブレもほとんどなく、家族やパーティーなどで何度見ても退屈しないような内容の動画が仕上がります。

様々な制作プランと、工場でのプレス費用について

少人数でのイベントなどでDVD制作する場合には、プレスして配布するDVDの数もあまり多く見込むことができません。一般的には100枚程度から受注を受付しているDVDプレス工場ですが、近年では少ロット受注を行っている工場もあるため、こうした製造ルートで制作を行う事も可能です。製品DVDの配布枚数が少ないケースでも比較的リーズナブルな費用で制作を依頼することが出来る場合もあるため相談してみましょう。画質については一般的に活用されている4.7GBのDVD以外にも、2重の記録層で構成されており、1枚のDVDで実質2枚分の映像データを記録する事ができる2層タイプのDVD記録を受付けしているプレス工場もあります。イベントの規模や費用、制作期間などを含めて考慮しながら、状況に応じてDVD制作プランを検討してみましょう。

遠方の方は無料でサンプル発送、品質確認後に安心発注。 年3回、国内プレス大幅値引きキャンペーンを実施。最大55%引きのパック料金などの目玉商品もあります! 初回プレスの激安はもちろん、リピート対応の短納期・安さでレーベル・プロダクション様から絶大な信頼あり DVD制作から費用までプラチナディスクで相談可能