ツヤがないほうが自然に見えるウィッグ

カテゴリ

カレンダー

2017年12月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ウィッグ選びのポイントはナチュラル

「同じヘアスタイルに飽きて、たまにはガラリと自分のイメージを変えたい」そんな人におすすめなのがウィッグです。ウィッグなら厳しい校則でヘアカラーが禁止でも、アッシュ系やピンクブラウン、ブロンドなど自由自在に明るいカラーに変身できます。カラーがたくさんありすぎてどれをを選んで良いか分からない場合は、自分に似合うカラーを知っておくと良いでしょう。
赤みのある肌はピンクブラウン、黄みよりの肌はアッシュ、小麦色に焼けた肌にはブロンドが最適です。また、ウィッグには前髪専用やポニーテールなどつけ毛タイプと、すっぽりかぶるフルタイプがあります。気を付けたいのが、つけ毛タイプです。
本来のカラーと合っていないとあきらかにつけ毛であることが分かってしまいます。髪の毛のカラーに近いウィッグをピックアップしましょう。フルウィッグは、通気性が良いかチェックしておくことも大切です。良くないと蒸れて装着しているのが苦痛になります。特に夏場はキツイので注意しましょう。また、ツヤやかな髪に憧れて光沢が強い商品を選んでしまうと、人工的な感じがして不自然です。ナチュラルに仕上げるためにも、なるべくツヤを抑えたタイプを選びましょう。お目当てのものを探すならウィッグの通販が最適です。ネットなら簡単に検索できるので、ウィッグを通販で買うのが賢い選択です。

イメチェンに失敗したらウィッグでカバー

ヘアサロンで髪を切り過ぎてしまった、カラーをしたらぜんぜんイメージと違う髪の色に仕上がってしまった、誰しもそんな失敗があるでしょう。イメージチェンジに失敗したときは「ウィッグ」に頼りましょう。長さもカラーも思いのまま、装着するだけで理想のヘアスタイルが完成します。ひと昔前のウィッグは重い、つむじがなくてバレバレ、光沢がお人形さんっぽいなど、さまざまな欠点がありました。
しかし最近は改良されていて、軽くてウィッグであることを忘れてしまうくらい自然なものが開発されています。ウィッグはメーカーや製法、素材によって価格が異なります。パッと見た感じが同じでも、通気性など機能の違いで価格に差があるのでよく説明を見比べてみましょう。素材が違うと耐久性も変わり、高価なものほど耐久性に優れていることが多いようです。
安い商品を何度も買い直すよりも、ウィッグの通販サイトで高い商品を購入して長持ちさせたほうがかえってお得になることもあります。また、お手入れ次第で老朽が早くなることもあるので注意が必要です。良い状態を長く維持させるために、お手入れに気を使いましょう。お手入れ方法は、ホームページか、商品を購入するときに説明がついています。

Copyright(C)2017 ウィッグを通販で買ってラクラク髪型チェンジ All Rights Reserved.