ウィッグのつけ方入門編

カテゴリ

カレンダー

2017年12月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

部分ウィッグがおすすめ

「いつも同じ髪型ではつまらない」ウィッグはそんな人におすすめです。たった数分でまったく新しい自分を発見できます。自分にどんなヘアスタイルが合うのか分からないという人は、いろんなウィッグを試して自分探しをしてみると良いでしょう。「ウィッグは興味があるけど、初めてだから全体的に変えるのは抵抗がある」そんな人には部分的に装着するウィッグがおすすめです。
後頭部につけてふわふわのロングヘアを楽しめるもの、結びつけてポニーテールに変身できるもの、シュシュのようなおだんごタイプのウィッグもあります。アレンジヘアができないショートヘアやボブカットの人も、ウィッグの通販サイトで見つけたウィッグを装着して、可憐にかわいらしくに変身しましょう。フルタイプのウィッグは、頭が蒸れる、違和感があるなどデメリットがあり慣れるまでに時間がかかりますが、部分ウィッグは比較的気軽な気持ちでチャレンジできます。
部分ウィッグは通販で見たものをすぐに購入するのではなく、つけ心地を確認しましょう。また、自分に合っているか試してみることも大切です。最初はポニーテールを購入しようとしていたけど「実際につけてみるとおだんごのほうが似合っていた」なんてことも多いようです。

調節可能なウィッグ

ひとりひとり頭の大きさやかたちが異なります。そのためウィッグを通販で購入するときは、調節が可能な商品を選びましょう。細かく調節できるウィッグはショート、ボブカット、ロングなど髪のボリュームに合わせて変えられるのもメリットです。また、購入するときは伸縮性もチェックしておきましょう。伸縮性が良くないと締め付けられるような感じがして窮屈です。
どんなに素敵なデザインでもつけ心地が良いとは言えません。また、よくある失敗例がいかにもウィッグという不自然なツヤです。見た感じでバレてしまうので、できるだけ自分の髪のつやに近いものをピックアップしましょう。ただ光沢があるのがイヤだからといってマット過ぎてしまうと老けた印象を与えてしまうので、注意が必要です。
また、軽さもチェックしておきましょう。最近はめったにありませんが、たまにロングやおだんごタイプで重いものもあります。ネットショップで購入する場合は、ホームページで重量を確かめておくのがベターです。重量が掲載されていない、そんなときはショップのお客様相談センターに直接問い合わせて確認してみると良いでしょう。優良な会社なら、お客さんの質問に柔軟に対応してくれます。

Copyright(C)2017 ウィッグを通販で買ってラクラク髪型チェンジ All Rights Reserved.